「豚汁」のことが好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいると思う。無関心な人も。君が感じる「悟り」って、どんな感じ?

無我夢中で大声を出す弟と読みかけの本

学者、大地を徒歩で行く


HOME



凍えそうな木曜の深夜は座ったままで


「夕食はカレーよ。」
少年はお母さんのその言葉を耳にして、無意識にガッツポーズをとった。
少年は小学校から帰って、ソファーに寝転がってテレビを見ているところだった。
今日は格別に西日が強い。
窓辺では風鈴がときどき鳴っていた。
TVのアニメチャンネルでは、昔のなつかしアニメを放映していた。
今日は「一休さん」をやっていた。
一休さんみたいに頭が回る少年が今いたら、学校のテストは満点取るだろうな、と少年は少し嫉妬を感じていた。
しかし、キッチンからカレーのいい匂いが居間まで漂ってきた時、少年は一休さんのことは思考から消えていた。

喜んで走る弟と枯れた森
最近は、すぐ近くの釣り場に出かけていない。
仕事でとても気ぜわしく行けないというのもあるが、しかし、めっちゃ暑すぎるので、出かけづらいのもある。
それに加え、休憩中に近くの釣り場を見ていても魚をかけている様子が全然ないから、けっして行きたいとは寂しいが思えない。
ものすごくたくさん見えていたらそわそわして行きたくなる。

雹が降った大安の明け方に焼酎を


自分自身、アレルギーで、メイクはほとんど使用してはいけないし、化粧水も使用できない物が多い。
従って、野菜やサプリメントの力に頼ってしまうのだが、長らく口にしているのがゼラチンだ。
飲み物に混ぜて、しばらく愛飲しているけれど、少しだけ肌がつややかになった。
さらに、習慣にしてから効果が出るまで、即効性があったので、感心した。

一生懸命話す君と季節はずれの雪
海辺に私たち家族は、家があり暮らしているので、高波を父と母が気をもんでくれている。
ことのほか震災後は、海と家がどのくらい隔たっているのかとか地理的に高い場所は付近にあるのかとか話す。
私と家内も恐れているだけれど、手軽に引っ越し先も見つかるわけではない。
だけれども、しかし、実際に高波がくるとなってしまった時に避難する経路を決めていないとと思う、だけど、しかし、防波堤周りしか高台へ行く道路がないので、今回、あらためて想定してみたら怖いと思えた。

喜んで熱弁する兄弟と履きつぶした靴


喜んでもらえるおくりものを考えなくてはと考えている。
結婚記念日がもうすぐで、家内に喜んでもらえる贈り物を渡したいのですがものすごくいい案が考え付かない。
家内になんか手に入れたいものがあれば、話は早いが、たいして、物欲が存在しないので、気に入りそうなものが見当たらない。
かといって、妻に気づかれない様に嬉しがりそうなものを考えて驚かせたい。

具合悪そうに走る家族とよく冷えたビール
何故か今頃ニンテンドーDSに夢中になっている。
はじめは、英検対策に英語漬けや英語のソフトを使っていたのみのことだった。
しかし、電気屋さんでゲームソフトを見ていたら、英語関係以外も気になってしまい、無駄に買ってしまう。
ソムリエDSやマリオパーティー、どうぶつの森など。
旅行に役立つ、旅の指さし会話帳も売れているらしい。
例えば、電車内などのちょっとの時間にも有効活用できそうだ。

のめり込んで跳ねる父さんと濡れたTシャツ


知佳子はAさんの事が大好き。
Aさんも知佳子を可愛がっている。
彼が出張に行くときは、知佳子も連れて行くし、先日は私も一日目だけ同行させてもらった。
知佳子もAさんも私を同じ名前で呼びかけるし、何かを始める時は、とりあえず、私に求めてくれる。
どうしたものか目をかけてくれている気がしてきて、凄く空気がよかった。

陽の見えない週末の朝は座ったままで
人間の70パーセントは水だという調査もありますので、水の摂取は人類の重要点です。
水の補給を充分に行い、皆が元気で楽しい季節を満喫したいものです。
輝く光の中より蝉の鳴き声が聞こえてくるこの時期、いつもそこまで外出しないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だと紫外線対策に関して気になる方が多いのではないでしょうか。
夏のお肌のケアは夏が過ぎた頃に出てくるといいますので、やっぱり気にかけてしまう所かもしれません。
もう一つ、誰もが気になっているのが水分補給につてです。
もちろん、普段から水の飲みすぎは、あまり良くないものの、暑い時期ばかりはちょっと例外の可能性もあります。
と言うものの、たくさん汗を出して、気付かない間に体から水分が出ていくからです。
外に出るときの本人の調子も関係あるかもしれません。
もしかすると、自分が気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
夏の真っただ中の水分摂取は、次の瞬間のコンディションに出るといっても言い過ぎではないかもしれません。
短時間だけ外出する時も、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があったらとても便利です。
人間の70パーセントは水だという調査もありますので、水の摂取は人類の重要点です。
水の補給を充分に行い、皆が元気で楽しい季節を満喫したいものです。

雨が上がった平日の夕方はお酒を


このところまでまるっきり知らなかったが、プール用オムツなるものが売っていた。
都市部では、水用オムツを着けて入れる所と入ってはいけないところがあるとのことだ。
確かに、大人から見れば、特殊なオムツでもうんちなど入っているオムツで水に入られたら、それはそれはいやだろう。
しかしながら、親だったら、入れてあげたいと思うし。
だけれど、立場が逆だったら気分が不快だ。

薄暗い土曜の午前にひっそりと
さやかちゃんは一見のんびり屋に見られるらしいけど、活発な女友達。
旦那さんと、1歳になるけんちゃんと、3人でミスドの隣のマンションに住んでいる。
パートも育児も手際よくこなして、多忙だけど、時間の使い方は得意。
少しでも時間があれば、遊びに行っていい?と必ず連絡をくれる。
私は喜んでドーナッツを買って、さやかちゃんのお宅にお呼ばれする。




Copyright (c) 2015 学者、大地を徒歩で行く All rights reserved.

▲TOP